【全ページのheadに設定】

メリットが大きくリスクが少ない小児矯正をお勧めします

小児矯正成長期にある子どもは、成長や発育を利用しながら治療が進められるので、よりスムーズに理想的な位置に治すことが可能となります。大人になってからも矯正治療は可能ですが、抜歯が必要になることも多く、顔立ちを整えるために外科的な手術が必要な場合もあります。メリットが大きく、リスクが小さくて済むのが小児矯正なのです。

当院では、あごの成長を利用し、歯並びに悪い影響を与えるクセや姿勢を直しながら、自然できれいな歯並びへと導く治療を行います。

<小児矯正のメリット>
・あごの成長を利用して、その位置や大きさを治すことができる
・永久歯への生え変わりを利用できる
・あごの骨を動かすこともできるので、顔立ちを自然な形に整えることが期待できる
・さまざまな種類の装置が利用できる
・装置を使う時間が確保しやすい
・将来、永久歯の抜歯を少なくできる
・歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病の予防効果もある
・よく咬めるようになるので内臓の負担も軽くなる
・歯並びがコンプレックスになることを軽減できる
・トータルな矯正費用が抑えられる

<小児矯正のデメリット>
・治療を受ける本人の自覚が低いことがある
・中学生以降まで続くことがあるので治療期間が長くなる

お気軽にご相談ください

カウンセリングをおこなっております