初回相談時にすぐに治療結果のシミュレーションが見られるからイメージしやすい

アウトカムシミュレーターデジタルマウスピース矯正治療をご希望の患者さまには、初回来院時に3D光学スキャナーでお口の撮影(型取り)を行っております。撮影した歯ならびのデータから、その場でAIを使った大まかな治療シミュレーションをさせていただきます。ご自身の歯がどのように動いていくか、完成したご自身の「歯ならびイメージ」を来院当日に見ていただくことが可能になります。

デジタルシステムを使わないマウスピース矯正やワイヤー矯正の場合、初診相談の次のステップである精密検査(32,000円〜42,000円)の段階で初めて型取りをします。その後歯型模型を作ってから矯正医が歯ならびのシミュレーション行い、患者様に再度来院をいただき、ようやく仕上がりのイメージをお伝えしていくことになります。患者様はその段階で治療をするかしないかを決断することになります。

患者様の多くは仕上がりのイメージを見てようやく治療の実感がわく方が多く、それまではなんとなく分からないまま足を運んでいる方が多数です。デジタルだからこそ費用と時間をかけずに、治療結果(シミュレーション)をすぐに見ていただけることが、当院のシステムのメリットです。なお、デジタルマウスピース矯正だからといって精密検査がなくなるわけではありません。仕上がりイメージを見ていただくまでの違い(従来より体感的にずっと分かりやすい)ということをご理解ください。

お気軽にご相談ください

カウンセリングをおこなっております