矯正医の治療計画次第でワイヤー矯正よりキレイに治る

アイテロマウスピース矯正とワイヤー矯正の仕上がりの違いについてご質問をよくいただきますが、矯正装置の仕上がりというところだけ見ると、コンピューターが3Dプリンタで寸分の狂いもなく出力するマウスピースと手作業で曲げるワイヤー、どちらが精密かは一目瞭然と思います。重要なことは、初期段階での完成イメージ=治療計画をどこまでしっかり立てられるかということです。

マウスピース矯正は設計時点での治療難易度が高く(どのように歯が動いていくか先まで見通す熟練度が必要)、矯正医の技量によっては取扱いが難しい治療法。しかし一度しっかりと治療計画を固めれば精度の高い治療が出来ます。仕上がりも当然、治療開始前のシミュレーション通りです。医療のデジタル化の利点を最大限活用しているのが、デジタルマウスピース矯正治療といえます。

お気軽にご相談ください

カウンセリングをおこなっております