痛みを軽減するための工夫で「矯正は痛い」というイメージを変えます

痛みの少ない治療

矯正の痛みには「粘膜に装置があたる痛み」と「歯が動く痛み」があります。当院では、装置があたる痛みをなくすように十分注意すると共に、歯が動く痛みにもきめ細かな対応をしています。

奥歯から部分的に矯正治療を進めていくことで患者さんの負担を減らし、また温度によって伸び縮みする形状記憶ワイヤーを使用することで痛みを軽減しています。痛みが出ることが予想できる場合はあらかじめ痛み止めを飲んでいただき、気になるときはいつでも来院できます。治療を続けるうちに、その方の痛みに対する感受性がわかってきますので、個人に合わせて調節を行います。

治療技術や矯正装置の進歩により、最近では装着した際の痛みや違和感が軽減された矯正治療が可能となっています。「矯正は痛いもの」というイメージにとらわれず、気になることがあれば、ぜひご相談ください。

歯が動く痛みは次第に慣れていきます

歯が動く痛み装置を初めてつけたり力を調整したりしたときには、多少歯が浮くような感覚があります。個人差がありますが、ほとんど数日間で治まります。この痛みは歯がしっかり動いている証拠でもありますから、矯正治療に慣れ、歯が動いて歯並びが整ってきたことが実感できます。

お気軽にご相談ください

カウンセリングをおこなっております